*

台湾の魅力をあらためて感じた。

公開日: : 旅行・地域

40余年前から台湾は仕事で何度も訪れているが、12月の台湾(12月24-27日)も初めてだが、こんなにのんびりとした旅も初めてである。   本当にゆったりとした。      私をこんなにゆったりとさせた台湾の素晴らしさを簡単に記してみよう。

① 極めて親日的。人々が温かい。同じ統治国でありながら、台湾と韓国と何故こんなに親密性が異なっているのだろう。統治・関係した人物、後藤新平や新渡戸稲造、李登輝等のおかげだろうか?                                       日本で薄れつつある、義理と人情がまだ色濃く残っている。                                      ② 食事が日本人好み。ショウロンポー・台湾料理の数々・カラスミチャーハン・パインナップルケーキ等々。お茶が楽しめる。素食(菜食)料理も盛ん。                                                           ③ マーサージが素晴らしい。足裏・全身マーサージ等日本よりも数段気持ちが良い。清潔で安全.スッカリはまって3回も通うとは、驚き。                                                             ④ 見どころは:                                                         a.  古いレトロな町並みの鶯歌老街.縁結びの神様のシアハイチョンホアンミャオ(小林幸子がお参りした後結婚できたとか?)。布や乾物の老舗の問屋街のティーホァジェ。時間がもっとあれば、ゆったりと歩きまわれば至福の時間だろう。                     b.  忠烈祠と故宮博物館.故宮を4時間も見学したのは初めて。翡翠白菜等々。私は特に仏像に興味。                   c. 御馴染の101.2度目だが、あらためて東芝のエレベーターに感激。東芝とは研修しているだけに、身内意識なのかな?        d.  九扮:かっての金鉱の町。ノスタルジックの雰囲気。小雨が降っていたので情緒もたっぷり。映画「千と千尋の神隠し」のヒントを得た場所とか。                                                           e.  圧巻は ローカル線での天燈あげ。 台湾三大ローカル列車[平渓線」の線路わきで、願いを書いて天燈を空高く上げる。途中列車が通過してくるのには驚いた。

YMCAの里親制度で面倒を見た、台湾からの留学生のリンちゃん一家が熱烈歓迎をしてくれた。リンちゃん一家はまさに義理と人情の一家であった。  有難う。

ここに添付した写真が言葉以上に雄弁に台湾の魅力を伝えてくれることだろう。
DSC00309_SDSC00246_SDSC00277_SDSC00293_SDSC00295_SDSC00336_S
2015年がもっともっと良い年にすると誓いながら、今年の徒然日記はおしまい。

 

関連記事

no image

マチュピチュへの旅 (2011.6.30-7.10)

JTBルック「マチュピチュに泊る遥かなるインカ、 ナスカ地上絵、チチカカ湖ハイライト11日間」

記事を読む

no image

香港へ(7月19-22日)

香港雑記 香港へ駆け足旅行をした。今回は仕事のほかはSentimental Journey No.1

記事を読む

no image

インカの帝国へ。

学生時代に エーリッヒ・フォン・デニケンの「未来への記憶」を読んで魅了された。先史時代には多くの謎が

記事を読む

no image

マレーシアでの楽しいひと時

8月8日―15日。マレーシアでの“同窓会”に参加した。以前勤めていた外資系企業の親しい連中が私的に集

記事を読む

no image

香港雑記 追加

 香港雑記追加: 11.香港往復にCathy航空を使用。 今まで常にJALを使っていたが、今回は高い

記事を読む

no image

気骨の人、天野芳太郎氏(マチュピチュ記②)

今回の旅の圧巻は、ナスカの地上絵、クスコの街並み、ウロス島、シユスタニ遺跡もさることなが

記事を読む

no image

10月23日から11月10日までブロッグ活動中止

私は30歳前半から オランダとの合弁会社 (Europe Texoprint Kanebo Indu

記事を読む

明石

私の生まれ故郷の神戸で癒された。

この週末で明石へ出かけた。私用で気軽な一人旅だ。あわただしいビジネス生活を一瞬忘れ、ゆったりと旅情を

記事を読む

no image

香港雑記 NO.2

香港雑記を続けると、 6. ある経済人と会談をした。 日本のCHAIN( もろもろのシステム・固有

記事を読む

no image

羽田空港国際線から初めて飛び立つ。

初めて、2月19日羽田空港国際線から、コンサルの仕事と将来の取材の意味も兼ねて、23日までの香港への

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
2015年 私にとっては今年一年が正念場だ。

2015年 戦後70年の意味も含め、戦中派の私にとっては人生の集大成の

台湾の魅力をあらためて感じた。

40余年前から台湾は仕事で何度も訪れているが、12月の台湾(12月24

今年ももうすぐ終わるのか?

9月から仕事が忙しく、睡眠時間を7時間余きっちりと確保しているうちに、

子供のエネルギーは凄い。

8月17-19日 2泊3日で越後湯沢(グリーンプラザ上越)で3家族集

日中開戦
小説 [米中開戦」トム・クランシー

好きな作家のひとり、トム・クランシーが2013年10月1日急逝した。享

→もっと見る

  • 2021年3月
    « 2月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑