*

嬉しい珍客。ゴルフちゃん

公開日: : 最終更新日:2014/08/16 日記・コラム・つぶやき

DSC00003私たちの可愛いい娘同然のゴルフちゃんから突然”日本に来ている”と電話があり、7月18日(金)夕刻に訪ねてきた。           

私たち夫婦は神戸在住の20余年前からYWCAの母親制度のメンバーになっている。留学生の日本の母親として、留学生が日本の生活に早く慣れ、学習に励めるように問題がないか、食事をしたり、そして時には家に泊まったり、諸々の悩み相談にのっている。                                   最初の留学生は 中国の関宇くんで、中国の大学卒業後来日、神戸大学大学院で修士を取って日本の企業に就職、中国人の恋人と結婚、子供も二人生まれ神戸で生活していたが、現在はN.Y。最近音沙汰がないが、元気かな?   

その後 韓国、中国、台湾、タイ、モロッコと多くの学生と接してきた。                               

最も印象的な学生の一人がタイの留学生の コラコッタ・ユバミトラ女で、ニックネームがゴルフ。                  頭脳明晰,芯の強い、少し男勝りだが、魅力的な女性。   中学を卒業した15歳でタイから来日、一年間日本語を勉強してお茶の水女子高校へ、名古屋大学工学部、大学院で航空宇宙学修士号を取得。現在はアメリカで活躍している。                  すっきりとした妙齢の女性に変貌しているのを見て驚いた。  アメリカで過ごしているため、Junk Foodでブヨブヨかと想像していたが、自分を律する意識が高いのだろう、心身ともに自分を鍛えている。身体はジョッギング等でコントロールしているとか。                          タイ語、日本語、英語を駆使するプロのビジネスウーマンとして前向きに夢を語る姿勢を見ているだけで嬉しくなる。一種の親馬鹿かな?

お茶の水女子高校に通うため、下宿さがしを手伝った。大勢の学生が宿泊できる,賄い付きの下宿に決めたが、中学を卒業したばかりの女の子が、異国で一人で夜を過ごすのかと不憫でならなかった。幸いなことに 何故か部屋の天井には夜空を表すかのように、色とりどりに数多くの星が貼られていた。これで多少は慰められるかと感じたことを思い出す。彼女も心細かったに違いないが、気丈にも 高校、大学、大学院と一人で切り抜け、今は立派なエンジニア。                                         

あとはどんな男性に巡り合えるかだ。素晴らしい伴侶に巡り合えますように!!

日本では現在女性登用の声がかまびすしいが、日本の女性がゴルフほど一人で男性社会の日本企業で闘っていけるかな?

DSC00010DSC00005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

no image

私のお気に入りの「マーサージ・ハウス」を紹介します。

年をとったせいか、運動をすると身体が硬くなる。(乳酸塩の増加かな?)。身体をほぐし血行を良くする必要

記事を読む

no image

若々しい体力には参った!!!

今年の我が家は、8月末小田原・ヒルトンに集合。いつもここに来るとホッとする。部屋からは海が一望の下に

記事を読む

no image

大晦日。 2011年10大ニュース。

白ワインを飲んでいる。食事は手巻きすし。しめサバが特に上手い。すべてが終わっのて今紅白歌合戦を見てい

記事を読む

no image

8月15日敗戦記念日

8月15日敗戦記念日。 終戦記念日ではなく、第二次大戦・太平洋戦争・大東亜戦争は日本の完全な敗退であ

記事を読む

no image

地震発生後1週間。

M9地震発生後、一週間。間もなく2時46分になろうとしている。1週間経つと少し落ち着いて情勢がよく見

記事を読む

六甲学院

懐かしの六甲学院へ里帰り(?)4月21日

私の母校、六甲学院が創立75周年を迎えた。新校舎のお披露目を兼ねたパーティに東京から駆けつけた。卒

記事を読む

白隠展

白隠展(2012.12.22-2013.2.24)。

500年に一人の英傑として讃えられる白隠慧鶴(1685-1768)。禅師として超有名な白隠展が、渋谷

記事を読む

マザー・テレサ

マザー・テレサの「心の闇」

マザー・テレサは私の敬愛する人物の一人である。         インドの貧民街での献身的で犠牲的な奉

記事を読む

藤井義彦

先週(2月4-9日)は楽しかったが、少々疲れた。

私のおもな仕事はエグゼクティブ・コーチ(以下EC)である。 ECとは 経営者および経営者に準ず

記事を読む

no image

3連休の過ごし方( 1月8・.9・10日)

楽しく、充実した3連休であった。 「1」 1月8日(土曜日) : ゴルフの初打ち (於:ホームコース

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
2015年 私にとっては今年一年が正念場だ。

2015年 戦後70年の意味も含め、戦中派の私にとっては人生の集大成の

台湾の魅力をあらためて感じた。

40余年前から台湾は仕事で何度も訪れているが、12月の台湾(12月24

今年ももうすぐ終わるのか?

9月から仕事が忙しく、睡眠時間を7時間余きっちりと確保しているうちに、

子供のエネルギーは凄い。

8月17-19日 2泊3日で越後湯沢(グリーンプラザ上越)で3家族集

日中開戦
小説 [米中開戦」トム・クランシー

好きな作家のひとり、トム・クランシーが2013年10月1日急逝した。享

→もっと見る

  • 2019年1月
    « 2月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑