*

[心の友]ジョン・カルドー氏の来日

公開日: : 最終更新日:2014/07/03 日記・コラム・つぶやき

藤井義彦

もっとも重要なイベントをブログに書くのを忘れていた。

カネボー時代からの、一番の親友J.カルドー氏夫妻と長女が5月に来日。5年ぶりに再会。ジョンはハンガリー系オーストラリアン人。婦人プリントのデザイナーで当時(1970年から2000年頃)オーストラリア1の繊維問屋を経営していた。カネボーのプリント事業部のNO.1の顧客。父親のボンディ・カルドー氏が 第二次大戦後ロシアがハンガリーに侵攻してきた時苦難の中でハンガリーから脱出。イギリスを経てオーストラリアへ。カルドー夫人が有名なデザイナーで二人三脚で、50代から繊維問屋 SEKERS社を立ち上げ、オーストラリア一のビジネスを築きあげた。芸術的感性に恵まれた長男のジョンは自ら独立、SEKERS社を凌ぐ繊維問屋を育て上げた。

父親のボンディは私のビジネスの師匠。タフなネゴシエーターで、どのようにネゴをするのか、そのイロハを実践で教わった。ジョンは私より3年年上で、年齢も近いせいか、極めて相性がよく 商いを越えた友達になっていった。日本やオーストラリアのみならずパリコレやミラノ等ヨーロッパでも親交を深めた。ボンディ夫妻の金婚式、ボンディ亡き後の墓参り、ジョンの長女ベッティナの結婚式等にも出席、家族ぐるみの付き合いであった。私の息子が中学生一年生の時英語の勉強でオーストラリアに滞在したが、カルドー親子が全て面倒をみてくれた。

ジョンは引退後、The Sydney Art MuseumでJohn Kaldor Collectionを立ち上げ、幾多のアーティストを招き、オーストラリアの美術振興に貢献している。過去にとらわれることなく、今も未来を見つめ大きく発想する姿は魅力的である。

ペニンスラ・ホテルで久闊を叙し、彼のお気に入りのレストラント[田舎家東店]で食事。

後20年は生きようと誓いあったが、果たして後何回会えるのかな?

添付はスマートフォーンの撮影でフラシュが利かず、識別が難しいが、会食した一同の写真。

関連記事

no image

加山雄三の爽やかさ

昨日(8月17日)は、この土曜日に予定の基調講演「10年先の未来論」にかかりきりで、 自宅まで持ち帰

記事を読む

no image

小さな感動。(1月12日)

或る人から頂いた、見るからに素朴な山茶花。静かに心に沁みわたってくる美しさだ。

記事を読む

ミュンへン

今週の映画2本

昔見たくて観れなかった映画2本発見。2本とも十二分に楽しんだ。 ① 「The Outlaw 

記事を読む

合唱

第13回大阪男声合唱団定期演奏会

21日久しぶりにのんびりとした。第一生命ホールへ大阪男声合唱団定期演奏会を聴きに行った。中学校、高等

記事を読む

カンパリ・スピリッツ

カンパリ・スプリッツの爽やかさ

8月10日は仕事で大阪へ。翌日友人と私のメンバーコース 伏尾ゴルフクラブでゴルフ。曇り空でそんなに暑

記事を読む

no image

複雑な世の中で。

最近日経を読んでいて、記事の多様性と変化の大きさに驚かされる。また各々の現象の関係、結びつきが複雑化

記事を読む

no image

NHKt連続朝番組 「てっぱん」にはまった。

私はつくづく庶民派と思う。何気なく「てっぱん」を見始めた。今では毎日観るのが楽しみになってきた。定刻

記事を読む

マレーシア

仕事半分、遊び半分のマレーシア駆け足旅行

マレーシア、クアランプール 4泊6日の旅から戻った。仕事半分、遊び半分の一人旅だ。 仕事は:

記事を読む

ハーバード白熱日本史教室

爽やかな女性学者、北川智子。

「ハーバード白熱日本史教室」(新潮新書)を読んで、久しぶりに感心した。若き日本女性がハーバードで、日

記事を読む

no image

民主代表選―馬鹿らしさと面白さ???

民主代表選:熱心にテレビと新聞にかじりついている。中にいると腹の立つことばかりだが、外から冷静に眺め

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
2015年 私にとっては今年一年が正念場だ。

2015年 戦後70年の意味も含め、戦中派の私にとっては人生の集大成の

DSC00308_S
台湾の魅力をあらためて感じた。

40余年前から台湾は仕事で何度も訪れているが、12月の台湾(12月24

DSC00041_S
今年ももうすぐ終わるのか?

9月から仕事が忙しく、睡眠時間を7時間余きっちりと確保しているうちに、

F1000720.JPG
子供のエネルギーは凄い。

8月17-19日 2泊3日で越後湯沢(グリーンプラザ上越)で3家族集

日中開戦
小説 [米中開戦」トム・クランシー

好きな作家のひとり、トム・クランシーが2013年10月1日急逝した。享

→もっと見る

  • 2018年5月
    « 2月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑