*

[心の友]ジョン・カルドー氏の来日

公開日: : 最終更新日:2014/07/03 日記・コラム・つぶやき

藤井義彦

もっとも重要なイベントをブログに書くのを忘れていた。

カネボー時代からの、一番の親友J.カルドー氏夫妻と長女が5月に来日。5年ぶりに再会。ジョンはハンガリー系オーストラリアン人。婦人プリントのデザイナーで当時(1970年から2000年頃)オーストラリア1の繊維問屋を経営していた。カネボーのプリント事業部のNO.1の顧客。父親のボンディ・カルドー氏が 第二次大戦後ロシアがハンガリーに侵攻してきた時苦難の中でハンガリーから脱出。イギリスを経てオーストラリアへ。カルドー夫人が有名なデザイナーで二人三脚で、50代から繊維問屋 SEKERS社を立ち上げ、オーストラリア一のビジネスを築きあげた。芸術的感性に恵まれた長男のジョンは自ら独立、SEKERS社を凌ぐ繊維問屋を育て上げた。

父親のボンディは私のビジネスの師匠。タフなネゴシエーターで、どのようにネゴをするのか、そのイロハを実践で教わった。ジョンは私より3年年上で、年齢も近いせいか、極めて相性がよく 商いを越えた友達になっていった。日本やオーストラリアのみならずパリコレやミラノ等ヨーロッパでも親交を深めた。ボンディ夫妻の金婚式、ボンディ亡き後の墓参り、ジョンの長女ベッティナの結婚式等にも出席、家族ぐるみの付き合いであった。私の息子が中学生一年生の時英語の勉強でオーストラリアに滞在したが、カルドー親子が全て面倒をみてくれた。

ジョンは引退後、The Sydney Art MuseumでJohn Kaldor Collectionを立ち上げ、幾多のアーティストを招き、オーストラリアの美術振興に貢献している。過去にとらわれることなく、今も未来を見つめ大きく発想する姿は魅力的である。

ペニンスラ・ホテルで久闊を叙し、彼のお気に入りのレストラント[田舎家東店]で食事。

後20年は生きようと誓いあったが、果たして後何回会えるのかな?

添付はスマートフォーンの撮影でフラシュが利かず、識別が難しいが、会食した一同の写真。

関連記事

no image

同窓会②-16年ぶりにカネボーの同窓会へ。

カネボーにおける私の母体は綿事業本部になる。1967年にプリント課に配属、1990年企画室に移るまで

記事を読む

no image

2012年は昇龍の年。

2012年は龍のように天に昇ろう。乾坤一てき。悔いのない一年にしよう。12日には誕生日を迎える。すべ

記事を読む

no image

或る中国人学生からのメール

筑波大学大学院で数多くの中国人学生を教えた。私の「リーダーシップ論」を受講した学生の中で、その気宇と

記事を読む

no image

日本人は南極のペンギンか?

東京キワニスクラブに入会した。                                   

記事を読む

no image

雑司が谷の隠れ家的な料亭 「寛」

7月30日。2週間ぶりに仕事関係のゴルフ。鳩山C.C. Blue Tee 6780y。私の腕では6

記事を読む

no image

2011年のお正月

  これほどゆったりと正月を楽しんだのは最近では初めてのような気がする。驚くなかれ本は1

記事を読む

コーチング

[教える]とは「自分が学ぶことだ」。

6月1日から私たちの一般社団法人 グローバル・リーダーシップ・コーチング協会 略称GLCで 「イノベ

記事を読む

no image

市川海老蔵

8月19日TV番組「プロフェッショナル」を見る。 歌舞伎界の御曹司、海老蔵の特別プログラム。 反発し

記事を読む

病院

ブログ再開宣言

9月19日にまさに晴天霹靂の出来事が起こり、10月8日まで19日間入院するはめになった。生まれて初め

記事を読む

no image

若々しい体力には参った!!!

今年の我が家は、8月末小田原・ヒルトンに集合。いつもここに来るとホッとする。部屋からは海が一望の下に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
2015年 私にとっては今年一年が正念場だ。

2015年 戦後70年の意味も含め、戦中派の私にとっては人生の集大成の

DSC00308_S
台湾の魅力をあらためて感じた。

40余年前から台湾は仕事で何度も訪れているが、12月の台湾(12月24

DSC00041_S
今年ももうすぐ終わるのか?

9月から仕事が忙しく、睡眠時間を7時間余きっちりと確保しているうちに、

F1000720.JPG
子供のエネルギーは凄い。

8月17-19日 2泊3日で越後湯沢(グリーンプラザ上越)で3家族集

日中開戦
小説 [米中開戦」トム・クランシー

好きな作家のひとり、トム・クランシーが2013年10月1日急逝した。享

→もっと見る

  • 2018年2月
    « 2月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728  
PAGE TOP ↑