*

何故映画が好きなのだろう。

公開日: : 最終更新日:2014/07/16 映画・テレビ

私の映画好きは何故なのだろうか? そもそも頭のなかでイメージを映像的に描く「視覚型」なのだろうが、それに私の[人間好き]な性格が加わっているのに相違ない。映画は主に人間の感情と生きざまを描くのだから。

「1」 愛の映画を2本。

① 「アナと雪の女王]

主題歌の一つ[ありのままに]が大流行。 松たか子、J.メイ等の歌声がTVで頻繁に流れる。4歳の孫娘がジェスチャー付きで熱唱。日本中の子供が夢中になっているとか。遅ればせながら、横浜の109へ。 アナとエルサの子供のころの映像―表情と動作がとてつもなく可愛い。大人も楽しめる。ウォルト・デズニィーの創作力・技術力・スタッフの結集力に感嘆。

 

② 「きみに読む物語」(2004年。米映画)

21日6時まで「イノベーション養成講座」研修。夕食後なんとなく物憂い状態で映像を観たくなる。BS5 朝日で9時から放映。一度見た映画だが、その時の深い感動を思い起こし再度見ることにした。青年ノアと少女アリーの身分違いの純愛と死までを描く。子供も孫もできた幸せなカップルも、アリーは認知症となって病院へ、介護するノアは、二人の純愛物語を読み聞かせて、アリーの束の間の正気に戻る瞬間に期待する。脚本として面白かった点は、ノアとの愛に猛反対するアリーの母親が、自分も若い時全く同じ体験をして、純愛を諦めた経過を打ち明けるシーンと、瞬間的に正気に戻ったアリと、心臓疾患で病院から退院したばかりのノアが、ベッドで抱き合って眠りながら死んでいくシーン。後者のシーンは蛇足かも知れないが、愛の一筋さを示すものとして感動的。

「2」 人の生きざまの映画

① 「STEVE JOBS」

世界最大のイノベーター、スティーブ・ジョブスの伝記映画。若いジョブスはコンプーターを人間の意識を拡大する存在とみなし、Mac, iPod, iPhone iPadとイノベートしていく。言葉で人を傷付ける「嫌な」奴ではあるが、狂気ともいえる情熱と執着心で世界を変えていく。

ジョブスをもっと知りたくなって、ノーラン・ブッシュネル著の新刊「ぼくがジョブスに教えたこと」を購入する。

② 「楊家将。烈士7兄弟の伝説」

北方謙三の小説・楊家将を愛読していたので、その映像を見たく、DVDを借りる。北方小説のストーリーとは全く違うが、中国の楠正成といわれる楊家将・7兄弟の忠・孝・仁・義を描くアクション大作。面白い。痛快。

DVDは一時停止をしておくと、時間切れとなっても翌日続きを観れるので便利、便利。1時間弱の細切れ時間を活用できる。

関連記事

no image

[白薔薇の祈り/ゾフィー・ショル 最後の日々」(2005年)

 2006年日本公開。監督は1970年のベルリン映画祭で波紋を巻き起こした問題作 「O.K]のM.フ

記事を読む

no image

旅行の楽しみ ①映画

飛行機の中での楽しみの一つは映画だ。今回のマレーシア旅行ではJALを使用、片道7時間余。往復で計4本

記事を読む

ムトウ踊るマハラジャ

久しぶりに映画の話題で今年は終わり。

12月26日日本文化芸術機構の主宰するU35Japan Projectで「インド・ブータン・チベット

記事を読む

コーチ・カーター

感動作 映画「コーチ・カーター」

今週は映画を2本見た。一本目は「キックオーバー」 年老いたメル・ギブソンのアクションもの。世界一いか

記事を読む

no image

[瞳の奥の秘密」(EL SECRETO DE SUS OJOS)

私の周りには映画好きな人が多いことを再認識した。私が「映画が好きだ」と広言し始めると、「私も。私も。

記事を読む

no image

9月18日は映画の日。

9月17-19日は3連休。17日は出社で仕事。18日は映画の日。19日は敬老の日と決めて徹底的に楽し

記事を読む

no image

映画 [60歳のラブレター」

2000年住友信託銀行がこの企画をスタートさせた時、自分の想いを一枚の葉書に託して応募した。見事に落

記事を読む

あの日、あの時

心揺さぶられる映画。

土曜日、休息の日とする。ゆったりと起きる。朝食。そしてまたベッドへ。驚くなかれ1時までぐっすりと。2

記事を読む

わが母の記

心がいやされる二本の映画

今週はよく働いた。 月曜から金曜日迄働くと身体が硬くなる。土曜日はゴルフ。そのあと身体をマーサージで

記事を読む

no image

The Movie Club 発足(10月28日)

映画狂の友人が集まって、The Movie Clubが発足した。                  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
2015年 私にとっては今年一年が正念場だ。

2015年 戦後70年の意味も含め、戦中派の私にとっては人生の集大成の

台湾の魅力をあらためて感じた。

40余年前から台湾は仕事で何度も訪れているが、12月の台湾(12月24

今年ももうすぐ終わるのか?

9月から仕事が忙しく、睡眠時間を7時間余きっちりと確保しているうちに、

子供のエネルギーは凄い。

8月17-19日 2泊3日で越後湯沢(グリーンプラザ上越)で3家族集

日中開戦
小説 [米中開戦」トム・クランシー

好きな作家のひとり、トム・クランシーが2013年10月1日急逝した。享

→もっと見る

  • 2021年3月
    « 2月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑