*

2015年 私にとっては今年一年が正念場だ。

2015年 戦後70年の意味も含め、戦中派の私にとっては人生の集大成の時期にある。その意味でこれからの一年、一年は常に正念場といえる。 [明るく、楽しく、爽やかに」といつものモットーで、今年もゆ

続きを見る

台湾の魅力をあらためて感じた。

2014/12/30 | 旅行・地域

40余年前から台湾は仕事で何度も訪れているが、12月の台湾(12月24-27日)も初めてだが、こんなにのんびりとした旅も初めてである。   本当にゆったりとした。      私をこんなにゆったりとさせ

続きを見る

今年ももうすぐ終わるのか?

9月から仕事が忙しく、睡眠時間を7時間余きっちりと確保しているうちに、徒然日記を書く余裕が全くなく、あっと気がつくと既に今年も12月末。この4ヶ月何が起こったのか? 箇条書きにしてみよう。 ① 

続きを見る

子供のエネルギーは凄い。

8月17-19日 2泊3日で越後湯沢(グリーンプラザ上越)で3家族集合して夏休みを楽しんだ。                           冬はスキー場らしいが、夏は3世代が楽しめるプレイラン

続きを見る

小説 [米中開戦」トム・クランシー

2014/08/16 | 新刊

好きな作家のひとり、トム・クランシーが2013年10月1日急逝した。享年66歳。                          は彼の遺言ともいうべき国際軍事巨編。中国の挑発が最近多発してい

続きを見る

嬉しい珍客。ゴルフちゃん

私たちの可愛いい娘同然のゴルフちゃんから突然”日本に来ている”と電話があり、7月18日(金)夕刻に訪ねてきた。            私たち夫婦は神戸在住の20余年前からYWCAの母親制度のメン

続きを見る

知られざる日本のグローバル人

2014/07/18 | 映画・テレビ

最近海外で活躍する日本人を紹介するTV番組が増えている。                                      [こんなところに日本人]とか[ありえへん世界と日本」等々 世界の辺境

続きを見る

漆黒 by Asa festoon

カネボーのプリント事業部時代公私ともども最も密接に接したのが、デザイナーの岡田長久氏だ。ヨーロッパ、オーストラリア、中近東とデザインの購入や販売旅行を共にした。若いころの津川雅彦そっくりの彼だが、今も

続きを見る

何故映画が好きなのだろう。

2014/06/22 | 映画・テレビ

私の映画好きは何故なのだろうか? そもそも頭のなかでイメージを映像的に描く「視覚型」なのだろうが、それに私の[人間好き]な性格が加わっているのに相違ない。映画は主に人間の感情と生きざまを描くのだから。

続きを見る

[心の友]ジョン・カルドー氏の来日

もっとも重要なイベントをブログに書くのを忘れていた。 カネボー時代からの、一番の親友J.カルドー氏夫妻と長女が5月に来日。5年ぶりに再会。ジョンはハンガリー系オーストラリアン人。婦人プリ

続きを見る

no image
2015年 私にとっては今年一年が正念場だ。

2015年 戦後70年の意味も含め、戦中派の私にとっては人生の集大成の

DSC00308_S
台湾の魅力をあらためて感じた。

40余年前から台湾は仕事で何度も訪れているが、12月の台湾(12月24

DSC00041_S
今年ももうすぐ終わるのか?

9月から仕事が忙しく、睡眠時間を7時間余きっちりと確保しているうちに、

F1000720.JPG
子供のエネルギーは凄い。

8月17-19日 2泊3日で越後湯沢(グリーンプラザ上越)で3家族集

日中開戦
小説 [米中開戦」トム・クランシー

好きな作家のひとり、トム・クランシーが2013年10月1日急逝した。享

→もっと見る

  • 2017年9月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑